生理と頭痛

自分で自宅で出来る頭痛・めまい 改善・解消法

▼MENU

生理と頭痛

生理の時には、片頭痛の症状が出やすくなります。
生理と頭痛がどのように関係しているのか見ていきましょう。

生理の時にはエストロゲンという女性ホルモンが急激に減少します。
これが片頭痛の原因です。
エストロゲンの急激な変動が脳を興奮状態にし、
その反応として血管の拡張をおこし、頭痛になります。

生理時の片頭痛はホルモンの影響によるものなので、
この変動が治まれば自然と痛みも消えます。
生理の初日を越えればほとんど治ってしまう、ということですね。

症状自体は片頭痛と変わらないので
痛む箇所を冷やして血管の拡張を抑える方法が有効と思うかもしれませんが、
生理の時は血流が悪くなっているので実はあまりお勧めできません。

マグネシウムは血管を収縮させる働きがあります。
大豆などの豆類、貝類、海藻に多く含まれているので、
普段から摂取しましょう。

普段から生理と頭痛に悩まされていて薬や医師に頼る場合は、
生理が始まる少し前に相談したほうが良いでしょう。
片頭痛は生活習慣による影響も大きいため
あらかじめ報告しておくと予防策をとりやすいのです。
鎮痛薬も、痛みが起こりそうな生理初期
または直前に飲んでおくと効果的です。

また、エストロゲン調整による治療もみられますが、
予防策としてはあまりお勧めではありません。
場合によっては逆効果で、片頭痛の悪化を招くことがあるからです。

生理時の片頭痛は気を使うべき点が普通の頭痛とちょっと違うので、
気になるようでしたら医師へ相談するとよいでしょう。



>>>>>生理痛緩和「福辻式」




  • SEOブログパーツ