運動後の頭痛

自分で自宅で出来る頭痛・めまい 改善・解消法

▼MENU

運動後の頭痛

運動後に頭痛をおこす方は結構いらっしゃいます。

サッカーや水泳などの激しい運動の後に、
血管の拡張や頭蓋内の圧力変動によって起こる頭痛を
「良性労作性頭痛」といいます。

走ったり、重いものを持つといった単純な動作でも起こることがあります。
「重量挙げ頭痛」と呼ばれることもありますね。
症状としては、グワングワンとした痛みが頭全体に広がります。
すぐ治ることもあれば、一時間ほど頭痛が続く場合もあります。

運動する前に鎮痛薬を飲んでおくと予防になります。
事前の水分補給も大切ですが、体内のミネラル量との兼ね合いを忘れずに。
とくにマグネシウム不足は頭痛の原因となるうえ、
運動で汗をかくと大量に失われるので念頭に入れておきましょう。

この「労作性頭痛」には他にも種類があります。
風邪でせき込むことによって起こる「良性咳嗽(がいそう)性頭痛」や
急に体を冷やすことで起こる頭痛、
性行為によって起こる頭痛も労作性頭痛に含まれます。

もし運動後に頭痛になったら、冷やしたり、少し横になるといいでしょう。
労働中に頭痛になりやすく、怠け者だと勘違いされるのでは、と
悩む方もいます。
しかし無理は禁物ですので、きちんと症状を説明した上で休みましょう。

労働や運動中の頭痛は、くも膜下出血などの重大な疾患による可能性も
考えられます。
急に激しい痛みが襲ってきた場合は、医療機関で診察を受けることを
お勧めします。




  • SEOブログパーツ