妊娠と頭痛の関係

自分で自宅で出来る頭痛・めまい 改善・解消法

▼MENU

妊娠と頭痛の関係

妊娠中は、頭痛や吐き気を感じることが多いです。
妊娠と頭痛の関係について説明していきましょう。

妊娠中、特に初期は体内のホルモンバランスが崩れ、
それが原因となって頭痛をおこすことがあります。

この場合の頭痛は片頭痛に似た症状を起こしますが、
逆に普段から片頭痛に悩まされている方で症状が治まったと
いうケースもあります。

先述のホルモンバランスの乱れとは別に、
妊娠中は女性ホルモンの一種であるエストロゲンが頻繁に分泌されます。
エストロゲンは血管の緊張を調節する機能があり、
それが頭痛にとってプラスにもマイナスにも働いているのだと考えられます。

妊娠中期には体型が変化してくるので、
それに伴う肩こり、首筋の緊張が原因となって
頭痛が起きることもあります。

この場合の頭痛は緊張性頭痛といい、
原因であるコリをほぐしたり、
精神的な安定を得ることでも解消につながります。

妊娠中の頭痛で気がかりなのが、頭痛薬を使うかどうか。
もし頭痛持ちで普段から常用しているのなら、医者に相談しましょう。
よほどでない限り心配はありません。

しかし、なるべくなら薬を使わずに痛みを抑えたい…
そうお考えの方もいらっしゃるでしょう。

片頭痛に似た症状の方は、
痛い部分を冷やして、まずはしばらく安静にしていましょう。
(緊張性頭痛の場合は逆に、温めてください。)
普段から頭痛に悩まされていない方は、
いつの間にかパッタリ止むことが多いです。

規則正しい生活を送ること、
音や光の刺激をなるべく控えめにするのも効果ありです。
照明を変えるだけで症状が治まったという方もいます。

あまり神経質にならず、ゆったりとした生活を心掛ければOKです。




  • SEOブログパーツ