群発頭痛って?

自分で自宅で出来る頭痛・めまい 改善・解消法

▼MENU

群発頭痛って?

群発頭痛という病名を聞いたことがありますか?

いわゆる「頭痛持ち」である慢性頭痛患者の中では数は少ない方ですが、
その症状は特徴的です。

群発頭痛は左右どちらかの目の奥やその周囲で
目をえぐるような激しい痛みを引き起こします。
「キリで刺されたような」「ハンマーで殴られたような」
と表現する患者さんもいらっしゃるほど強烈な痛みです。

鼻水、鼻づまり、涙などの症状を伴うこともあります。

症状の現れる時期が人によって定まっていることも特徴の一つです。
一度頭痛が起きると15分~3時間ほど痛みが続き、
それが一日のうち1~2回、決まった時刻に現れます。
さらにそのサイクルが1~2か月間、毎日のように群発的に起こります。
群発頭痛と呼ばれているゆえんです。

頭痛が起きている期間は「群発期」と呼ばれ、
半年から数年に一度の頻度で群発期がおとずれます。
群発期以外は症状はぱったりと治まります。

このようなはっきりとした特徴を示すにもかかわらず、
原因は残念ながら解明されていません。

群発頭痛は明け方に起こることが多く、
群発期でなくとも睡眠に恐怖を抱いてしまう方もいます。
しかし睡眠不足が目の痛みを誘発することもありますので、
睡眠はしっかりととりましょう。

また、群発期にお酒を飲むとほぼ確実に頭痛をおこすので、
これが診断の目安となることもあります。
診断された場合は群発期の禁酒は絶対守りましょう。

睡眠・禁酒に加え、禁煙や気圧の変化に気を付けるといったことも、
群発頭痛の予防・対症法の両面で有効です。




  • SEOブログパーツ