緊張、片頭痛

自分で自宅で出来る頭痛・めまい 改善・解消法

▼MENU

緊張、片頭痛

緊張性頭痛と片頭痛はともに慢性頭痛(「頭痛持ち」の頭痛)の
一種ですが、
その起きる原因や症状の程度は違います。

緊張性頭痛は頭を締め付けるような痛みが長く続きますが、
日常生活や仕事はなんとか続けられる程度のものです。

いっぽう片頭痛は脈動に合わせたズキズキとした痛みが特徴で、
場合によっては吐き気を伴います。
体を動かすたびに強く痛みを感じるので、
日常生活に支障が出ることもあります。

緊張性頭痛は筋肉の緊張が原因であり
肩、首筋など頭部周辺のコリを解消することで改善することが多いです。

片頭痛は頭に張り巡らされた血管の拡張により
周囲の神経が圧迫されて痛みが起こるのですが、
血管の拡張を誘発するきっかけ人によってまちまちなので、
患者さんごとの原因を突きとめることが必要です。

緊張性頭痛も偏頭痛も「頭が痛い」という症状は同じですが、
対処や予防の方法は違いますので、
お医者さんにかかるときは具体的にきちんと説明しましょう。

共通して言える予防策は、ストレスをため込まないこと。

ストレスと一口に言っても色々ですが、
緊張性の方は文字通り精神的な緊張が影響するので
まずはリラックス。

片頭痛の方は、音や光、気圧など環境の変化によるストレスが
悪影響となっていることがあります。
そういった変化をなるべく避けるか、
無理なら鎮痛剤や冷感パッドなど痛みが起きた時のための対策を講じましょう。

また、片頭痛の症状を和らげる鎮痛剤も、緊張性頭痛の場合は効果を得られ
ない場合が多いです。

自分の頭痛の原因を正しく知って、適切な対処をしましょう♪




  • SEOブログパーツ