お酒と頭痛、二日酔い

自分で自宅で出来る頭痛・めまい 改善・解消法

▼MENU

お酒と頭痛、二日酔い

お酒の飲み過ぎで頭痛になるとつらいですよね。

二日酔いによる頭痛はいくつか原因があります。
アルコールの分解過程でできるアセトアルデヒドによるものと、
脱水症状によるものが主なものです。

アセトアルデヒドは脳内で毒性を示すので、
体は中和の為に酸素を多く取り入れようとします。
そのため血管の拡張し、神経を圧迫して頭痛が起きます。

アルコールを代謝するには大量の水分を消費するため、
お酒の飲み過ぎは脱水症状を招きます。
頭部の水分も失われて低圧状態になり、
それが刺激となって頭痛を感じるのです。

ほかにも、低血糖によるホルモン分泌異常が頭痛をおこすという論もあります。

いずれにせよ、血管の拡張による頭痛なので、
片頭痛に似たズキズキとした痛みになります。
(血管性頭痛)


アセトアルデヒドはアルコールと同様汗や尿から排泄されるので、
結局のところ水分補給が二日酔い解消の重要なポイントになります。

水でも悪くはないのですが、できればすぐに体に浸透する
スポーツドリンクがお勧めです。
糖分を補給できるのでアルコール分解の助けにもなります。

お茶やコーヒーなどカフェインを含む飲料は
血管の収縮作用がありますので、
二日酔いによる頭痛にはもってこいです。

飲み物以外にも、首筋を冷やして血管の収縮を促すのも
効果がありますよ。


また、もしお酒を飲んだ後、目の奥に強烈な痛みを感じたら、
慢性頭痛の一種である群発頭痛の疑いがあります。
群発頭痛は痛みが起こるサイクルが決まっているうえ、
お酒を飲むとほぼ必発であることが分かっています。
もし診断されたら、群発期(頭痛の起こる時期)はお酒は厳禁です。


*******************************************************************
・翌朝にお酒も抜けて、朝から元気!・お酒好き・朝起きるのがツライ方へ!
*******************************************************************




  • SEOブログパーツ